2018年10月12日金曜日

手洗い名人 10月11日

 養護教諭の設楽先生に授業をしていただきました。
これからの季節に必要な「(風邪を予防するために、)『手洗い名人』になろう」という内容でした。
 実は、1年生の中に、「爪かみ」の癖が抜けなかったり、つい指をなめてしまったりする児童がいます。そこで、今回のような内容で、専門的な知識のある養護の設楽先生に、授業をお願いしました。
 子供たちは、「自分の体を守るために、しっかりと手洗いをすることが大切」ということが、理解できたようです。













 月曜日の図画工作の時間に、P22「のばしてぺったん」を行います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

りすのわすれもの 12月18日

 国語の時間に取り組んできた「りすのわすれもの」を、教科書を見ないで暗唱できるようになりました。登場人物の気持ちを想像して、気持ちも十分に表現しながらの暗唱でした。  素晴らしいです。校長先生にも聞いていただきました。